夫 無断外泊を厳禁化された

夫 無断外泊、厳禁よ。「厳禁と言われても」御願い、頼むわ。「勘弁だ。此方も仕事の都合上、どうしても出先で宿を取らねば」

ならば一言、此方へ連絡を。さすれば、夫 無断外泊にはならず。「無理だとゆーに!俺は携帯を持たぬ男」じゃあポケベルは?「時代錯誤すぎ」公衆電話よりマシ!

「嫌だ、電子機器は一切持たん」強情ね!だからこのお家同様、頭が古い。「何を?」暴言は謝罪するわ。

けど、せめて携帯位。今や子供が持つほど、必需品に数えれます。貴方ぐらいだぜ、持っておらぬのは。

「以前、夫 無断外泊を避けるべく、購入したがね。お前へ一言連絡する為だけに、月々何千円も払うのは癪」言い分は分るけど。普通、会社員は皆。

「持たねばなれぬ?」違...ともかく!夫 無断外泊すれば、私は困る訳!「何故だ?」心配よ、亭主が一切連絡つかずじゃ。万が一、事故にでも遭っていたらと思えば。「涙...?!」

泣いちゃ悪い?「いや...すまぬ。俺が強情すぎた。アナログ人間ばかりに、お前へいらぬ苦労を」分った?

やっぱり小まめに片づけろ

年末年始の大仕事と言えば、大掃除。実家に住んでた頃は、正直した事ありません。去年は引っ越したばっかりの為、今年が人生で初と言っても過言ではない。

この時期になると、情報番組や主婦向け雑誌で、コツや便利なアイテムが、よく特集される。

チラっと見たりはするけど、よくよく考えれば、我が家はやらなければいけないところが、ほとんどありません。

キッチンのシンクやコンロ回りも、毎日使う度ピカピカに磨いてるし、お風呂やトイレは週に1度、旦那がピカピカへ仕上げる。

大物と言えばこの程度。普段手の届かない棚や、床を拭くぐらいで終わりそう。そう考えると、他の家庭はどのレベルで掃除してるんだろう。

汚れはこびりついたり溜まると、余計面倒くさい事になるから、やっぱり小まめが一番だと思う。

離婚届へ判を押せと迫る

離婚届だと...?「そう」何故?僕程、相応しき男性、他におらぬ筈!一体どこに不満を?「全部」全部?

「YES。顔含め、容姿やら外見。あと中身、酷過ぎる性格...」馬鹿な!日々美を追求し続け、毎日あれほど...。嘘だ!

「頼む、現実を見ろ。貴方と歩くのは、毎度赤面もの」うぅ。で、離婚届か。なら改善の機会を!今一度、僕にくれよ!

「無理だわ」不可能は無い。「貴方ほど傲慢で、人へ思いやりを持たぬ人間、他におらぬわ。絶対、改善出来ぬ。早く離婚届へ判を」

嗚呼...妻よ。夫捨てた後、君はどうする?「実家へ戻り、落ち着くわ。きっと良い縁談がまた...」

嘘をつけ!亭主と一方的に別れ、三十路過ぎ、バツイチなお前を、一体誰が...。「ほら」へ?「強い偏見。口じゃ美辞麗句を述べようと、内心人を見下す。一方的に罵詈雑言吐く」

う、でも離婚届は嫌!絶対押さぬ、同意お断りだ!「まったく、困ったものね」存分に困れ!それが復讐!「大丈夫」へ?「例え同意得られずも、家を出るから」畜生!